WAVES プラグインの使い方

オーディオ編集のグローバルスタンダードWAVESプラグインの各機能を解説しています!
http://musicmaterial.jpn.org/

S1 Stereo Imager

S1とは ステレオソースを広げたり狭める事が簡単に出来るプラグインです。ステレオ感と同時に奥行き感も演出します、マスタリングエンジニアも認める原音に忠実な仕上がりを実現します。

使い方

● Gain ・・・ OutPutを見てクリップする時は減らす。

● Width ・・・ ステレオ感(幅)を調整する。

● Input Mode ・・・ 入力モードを、L-R か M-S方式に切り替える。 通常は(L-R)。

● + ←→ + ・・・ 位相を逆にする場合にクリックする。

S1 Stereo Imager

● Asymmetry ・・・ 左右のバランスを変更する。

● Rotation ・・・ ステレオソースの定位を決める。

● Output ・・・ 出力レベルを表示するメーター。

● Meter Mode ・・・ 出力モードを、L-R か M-S方式に切り替える。 通常は(L-R)。

私の感想

広がりだけが欲しい時に凄く役に立つプラグインです、ストリングパートやシンセパッド等を、もっと横に広げたい時など簡単にステレオ感を演出します。 また左右のバランスを変更して面白い効果を出す事も出来ます。



サイト内検索

音楽素材 ( 素材別 )

音楽関連 解説ページ

Facebook

  • MusicMaterialフェイスブックページ

Twitter

  • twitterへのリンク

Google+

  • google+へのリンク

HTML5

  • Valid XHTML 1.0 Transitional

W3C CSS

  • 正当なCSSです!

Copyright (C) MusicMaterial All Rights Reserved.