WAVES プラグインの使い方

オーディオ編集のグローバルスタンダードWAVESプラグインの各機能を解説しています!
http://musicmaterial.jpn.org/

PuigTec EQP-1A

「PuigTec EQP-1A」は、世界中のスタジオで使用されるEQの定番です。特徴は同じ帯域に対して、同時にブーストとカット(増減)が出来る事です、WAVESの「プイグテック EQP-1A」はエンジニアの「Jack Joseph Puig」所有のPultec EQをモデリングしたプラグインです。

使い方

● IN スイッチ ・・・ 「EQ イネーブル」のオン/オフ スイッチです。オフにしても信号はEQP-1Aの回路を通りますので完全にバイパスする場合にはDAW側でプラグインをオフにして下さい。

● Low FREQUENCY ・・・ 低域の周波数を四つの中から選択します。

● Low BOOST ・・・ CPSで選択した帯域をブーストします。

● Low ATTEN ・・・ CPSで選択した帯域をカットします。

C1 Comp

● High FREQUENCY ・・・ 高域の周波数を7つの中から選択します。

● High BOOST ・・・ KCSで選択した帯域をブーストします。

● High ATTEN ・・・ ATTEN SELで選択した帯域をカットします。

● BANDWIDTH ・・・ ハイブースト・セクションで選択した中心周波数の幅を調整します値が小さいと狭くなります。

● ATTEN SEL ・・・ High ATTENでカットする周波数を3つの中から選択します。

● MAIN ・・・ 主電源の選択。

● GAIN ・・・ ゲインの調整。

私の感想

PuigTec MEQ5と同時に使用するのがオススメです、ただ通すだけでも音が太くなります、EQの使用方法は、いろんなサイトで解説されてますので参考にされて下さい。



サイト内検索

音楽素材 ( 素材別 )

音楽関連 解説ページ

Facebook

  • MusicMaterialフェイスブックページ

Twitter

  • twitterへのリンク

Google+

  • google+へのリンク

HTML5

  • Valid XHTML 1.0 Transitional

W3C CSS

  • 正当なCSSです!

Copyright (C) MusicMaterial All Rights Reserved.