トップ 最新 追記

音楽素材MusicMaterial管理人 涼(りょう)の日記

2012|06|07|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|11|12|
2014|01|02|03|05|

2014-03-05 音圧上げとは?

_ 音圧上げとは?

インターネットに登録された曲を聴いた時にスゴイ音量で曲が

成りだした事がありませんか?それが音圧上げにより大音量に

なった音楽ファイルです。

_ どうやって音圧を上げるのか?

音圧を上げるには手っ取り早く「マキシマイザー」というエフェクター

を使用すると簡単に音圧を上げる事が出来ます、ですがあまり上げ過ぎると

いくら「マキシマイザー」でも音質が変化してしまいます。

_ どうやって防ぐの?

まずはEQ(イコライザー)で不要な音、または飽和状態の帯域を削る

処理をして下さい、中域や低域はいろんな楽器で鳴っていますので

同じ帯域の音が重なって音量が大きくなっています。

50Hz以下の音は聴こえていなくても波形はかなりのdb(デシベル)

まで達していることがありますのでハイパスフィルターでバッサリと

カットしても構いません、聴こえていなくても楽曲に必要な場合も

ありますので低音が軽くなり過ぎないように注意して下さい。

_ 音を圧縮する

音の大小のばらつきがある場合はコンプレッサーを使用して、聴いた

感じがあまり変化がない程度に圧縮して下さい。

ドラムのワンショットだけが一瞬大きな音量でなっていたりする場合は

コンプレッサーのアタックタイムを速めに設定してアタック音が潰れない

程度に音量をさげてください。

_ その後で「マキシマイザー」

EQやコンプレッサーで波形をある程度整えた後に「マキシマイザー」

を使用すると、あまりレバーを上げなくても音圧が上がります。

その方が音の変化も少なくて済みます。


トップ 最新 追記