トップ «前の日記(2013-03-09) 最新 次の日記(2013-03-24)» 編集

音楽素材MusicMaterial管理人 涼(りょう)の日記

2012|06|07|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|11|12|
2014|01|02|03|05|

2013-03-15 プラグインエフェクト・コンプレッサーとは

_ コンプレッサーとは

DAW等を使用してミックス作業をする際などには絶対に欠かせないエフェクトの

コンプレッサーですが、コンプレッサーの主な機能は大きい音を圧縮する事です

大きい音を圧縮して小さい音との音量レベルの差を少なくして、音量のバラツキ

を抑えて音を聴き易くする、または音量や音圧を上げる事が出来ます。

_ コンプレッサーの設定

コンプレッサーにはいろいろなパラメータがあります。

_ スレッショルド・レベル

スレッショルド・レベルでは、入力された信号を圧縮するレベルを決めます

設定を-7db(デシベル)に設定した場合は、入力された信号が-7db以上の

場合に圧縮されます。

_ レシオ

レシオとはスレッショルド・レベル以上の音をどれくらい圧縮するかを決定します

圧縮比率なので設定は(2:1)等のように何対何の割合で設定します。

_ アタックタイム

アタックタイムとはコンプレッサーが動作を始める速さの事です、リズム楽器の

ようにすぐに鳴り始めて鳴り止むような音は、アタックタイムを速く設定しないと

コンプレッサーが効き始める前に音が鳴り止んでしまいます。

_ リリースタイム

リリースタイムとはコンプレッサーがかかった状態から、かかっていない状態に戻る

までの長さを設定します。遅めに設定するとコンプが、かかりっ放しの状態になります。

_ 音作りにも活用できるコンプレッサー

コンプレッサーのアタックタイムを速めに設定するとアタックの音が潰されてしまいます

また逆に遅めに設定すると、アタックが強調されてリズムを強調する事が出来ます。

シンセ系のパッド等を目立たなくするためには、アタックタイムを速めにリリースタイム

を遅めに設定するとコンプレッサーがかなりかかりますので奥まった感じになります

これはリバーブ等のエフェクトの効果とは違った感じです一度試してみて下さい。

_ コンプレッサーの2段がけ

コンプレッサーはかけ過ぎると音が大きく変化してしまいますので、一度にたくさん

かけるよりも、2回~3回等にわけて少しづつかけた方がイメージをつかみ易いです。


トップ «前の日記(2013-03-09) 最新 次の日記(2013-03-24)» 編集