トップ 追記

音楽素材MusicMaterial管理人 涼(りょう)の日記

2012|06|07|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|11|12|
2014|01|02|03|05|

2014-05-29 レスポンシブ対応

_ レスポンシブ対応とは

レスポンシブ対応とはPC、タブレット、スマホ等のスクリーンサイズや

解像度の違う媒体に応じて標示する内容やサイズを変更する事です。

_ Media Queries(メディアクエリ)

メディアクエリは表示領域に応じて、CSSの記述をそれぞれに用意する

事です、媒体に対して複数のURLを準備するのでは無く一つのURLで

表示内容を変更する利点があります。


2014-05-28 イプシロン 固体燃料ロケット

_ イプシロン

イプシロンはJAXAの新しい固体燃料ロケットです。

ロケットの下部分に下段ロケットには現在あるH-ⅡAロケット

の固体ロケット技術を応用し上段ロケットにはM-Vロケットの

既存技術を使用して低コストで開発された。

_ 革命的なシステム

今までのロケット打ち上げには何百人というスタッフが打ち上げ

当日に発車前の管理を行っていたが、イプシロンではROSEが機器の

点検を行い制御もロケットと地上設備をLANで結びパソコンで管理

する事が出来る。

_ まとめ

これにより低コストで打ち上げ可能になった、また日本の固体燃料

ロケットの技術がとだえることなく継続して開発される事になった。


2014-05-22 HTML5 audio要素

_ audio要素

HTML5になって新しくブラウザ上で音楽ファイルを再生する事が可能になりました。

今までだと音楽ファイルへの直リンクをクリックした場合は再生ソフトが立ち上がっていました

HTML5からは「audio要素」を記述する事でページ上にプレイヤーが表示され対応した音楽ファイル

が再生されます。

_ 各ブラウザで異なるプレイヤーの表示

「audio要素」で表示されるプレイヤーのサイズがブラウザによって異なりますので曲を再生する為に

記述する場合には注意が必要です。

現時点での最新ブラウザで「Google Chrome」「Firefox」は殆ど同じサイズとデザインで標示されるのですが「Internet Explorer」ではとても大きなサイズで表示されます、主要なブラウザ全てのデザインを統一する為にはJavaScript (ジャバ スクリプト)等を使用する必要があります。

_ 再生する音楽ファイルの種類

各ブラウザごとに再生できる音楽ファイルの種類も異なります。

「MP3」「WAV」「Ogg」「AAC」等といろいろな、圧縮・非圧縮の音楽ファイルが存在します。

「MP3」にはライセンスの問題あるので、これだけ普及しているのに再生できないブラウザもあります

ライセンスの問題を解決する為に開発されたのが「Ogg」ですが、「MP3」程には普及していません。

この問題を解決する為にも、JavaScript (ジャバ スクリプト)等を使用する必要があります。


2014-05-15 トンボの羽の秘密

_ トンボ羽の形状

平らに見えるトンボの羽にはいくつものデコボコがあります

このおうとつにより、いくつもの渦が発生して揚力を生み出して

強い風の中でも安定して静止したり超低速でも飛行が可能です。

_ 羽の形状の応用

トンボの羽の形状(特性)を利用して飛行分野やエアコンなどの

羽に応用されています。

_ 将来の可能性

火星などの大気の薄い場所でも、トンボの羽の特性を利用した

飛行機なら低速で飛ぶことが可能なので、将来的には火星での

観測に飛行技術が用いられるかもしれません。


2014-05-07 ACアダプター

_ ACアダプターについて

引っ越しの際にKORGキーボードの、ACアダプターと電源ケーブルが見当たらなくなりました

新品を取り寄せるとACアダプターが型番「DSA-0421S」¥3000円、ACコードセットが¥1500円

値段ではなく、もう一度、新品を購入するという事に抵抗がありまして中古品を検索して

みると「DSA-0421S-***」型番の後にもう一つ番号がありました、この部分で多少使用が

変わるようです

極端に使用がわかると電源を入れたら壊れる恐れもあるので慎重に選ばなくてはなりません

_ 商用電流

電力会社から送られてくる電気は交流の100V以上です、それに対して受け手の電子楽器側は

3V~10V前後の直流です。

_ ACアダプタの表示 「INPUT」

100V-240V~50/60Hz この部分は問題なさそうです

_ ACアダプタの表示 「OUTPUT」

「DSA-0421S-12」+12V 3.0A

「DSA-0421S-05」+06V 2.8A

OUTPUTの電圧が倍違いますアンペアは0.2Aの差です、しかも私が使用したいのはこのどちら

でもない「DSA-0421S」です詳細な仕様がわかりません?

_ 結論

電子楽器の故障や安全面から、正しい型番の新品を購入した方が良いと判断しました。


2014-03-05 音圧上げとは?

_ 音圧上げとは?

インターネットに登録された曲を聴いた時にスゴイ音量で曲が

成りだした事がありませんか?それが音圧上げにより大音量に

なった音楽ファイルです。

_ どうやって音圧を上げるのか?

音圧を上げるには手っ取り早く「マキシマイザー」というエフェクター

を使用すると簡単に音圧を上げる事が出来ます、ですがあまり上げ過ぎると

いくら「マキシマイザー」でも音質が変化してしまいます。

_ どうやって防ぐの?

まずはEQ(イコライザー)で不要な音、または飽和状態の帯域を削る

処理をして下さい、中域や低域はいろんな楽器で鳴っていますので

同じ帯域の音が重なって音量が大きくなっています。

50Hz以下の音は聴こえていなくても波形はかなりのdb(デシベル)

まで達していることがありますのでハイパスフィルターでバッサリと

カットしても構いません、聴こえていなくても楽曲に必要な場合も

ありますので低音が軽くなり過ぎないように注意して下さい。

_ 音を圧縮する

音の大小のばらつきがある場合はコンプレッサーを使用して、聴いた

感じがあまり変化がない程度に圧縮して下さい。

ドラムのワンショットだけが一瞬大きな音量でなっていたりする場合は

コンプレッサーのアタックタイムを速めに設定してアタック音が潰れない

程度に音量をさげてください。

_ その後で「マキシマイザー」

EQやコンプレッサーで波形をある程度整えた後に「マキシマイザー」

を使用すると、あまりレバーを上げなくても音圧が上がります。

その方が音の変化も少なくて済みます。


2014-02-22 ハード音源とソフト音源について

_ ハード音源の特徴

ハード音源とはシンセサイザーやキーボード、音源モジュール等です。

アナログシンセ以外の殆どのキーボードは、様々な音楽ジャンルに対応する

楽器の音色がはいっており、いろんな曲を作曲する場合には大変便利です

特殊な音がなければ、音楽制作依頼にも殆ど一台で対応できます。

PCとの接続もUSBで簡単に行え、付属ソフトに音色エディターがついて

いる場合も多く、DAWではソフト音源のように操作できるものもあります。

PCにインストールするのとは違ってパソコンを買い替えても再インストール

する必要がありません。(付属ソフトは除く)

_ ソフト音源の特徴

ソフト音源とはPCにソフトをインストールしてPC上で動作する音源です。

サンプリング音源はハード音源より大容量のものが多くてとてもリアルな

演奏が特徴です、また演算でハード音源と同じ事を再現するエミュレート系

は容量が少なく本物と同じ音色が再現できます(例えばアナログシンセ等)

ソフト音源なのでバージョンアップや追加音源等が容易にできます。

ただし大容量の音源の場合はハードディスクにインストールする作業が

何時間もかかる場合があります。

_ 最後に

DAWをはじめて最初にハード音源またはいろんな音色をバンドルした

ソフト音源を購入して、後はリアルなバイオリンの音が欲しいとか

アナログシンセのソフトを追加したい時にサンプリング系のソフト音源

を少しづつ増やしていくのがいいと思います。


2014-01-22 ライブラリー音源の曲構成

_ ライブラリー音源の曲構成は、どのようになっているのでしょうか?

映像等のBGMとして制作された楽曲は、まずイントロがありAメロBメロ

エンディングという構造が良くあります、3分くらいの曲でこのパターン

が2回繰り返されて終わるという繰り返しパターンです。

_ 繰り返しパターン

( Intro + A + B + A + B + End )

この曲の特徴はイントロとAメロは同じコード進行でも構いません

Bメロだけちょっと違うコード進行にしてエンディングはイントロ

と同じコード進行で終わります。

※コード進行は8~16小節の2パターンを考えれば1曲完成です。

_ 展開ありパターン

上記の繰り返しパターンとは違い、曲に展開があります。

( Intro + A + B + 間 + A + B + C + End )

演奏時間を長めにする場合や場面やシーンががらりと変わる場合には

Cメロの登場です!上記のパターンにもう一つコード進行とメロディー

を付け加える必要がありますが、結構大変ですA、Bメロを繰り返し

聴き過ぎたりイメージから抜け出せないと展開をガラッと変えれる程

のCメロになりません、そういう時には全く違う曲のつもりで制作して

くっつけるのも以外に良いです。

_ 最後に

AメロとBメロだけの繰り返しパターンでもA'メロをAメロの後にもって

くると曲の構成がより面白くなりますAメロとA’メロは同じコード進行

で構いません、アレンジで違うコード進行のように聴こえるよう楽器

等を変えてみて工夫してみて下さい。


2013-12-31 利用しやすい音楽素材とは?

_ 楽曲とは違うBGM

音楽素材やBGM素材は主役である映像作品のバックで流れる音楽です

映像作品を見ている人が音楽の方に気を取られないようにするには

アレンジをなるべく簡素化する必要があります、特に聞き入るような

メロディーがあると、どうしても意識がそちらへいってしまいますので

メロディー的なものはハッキリとさせないで、さりげなく流れるような

アルペジオやコードの分散和音を単純にしたもの等が好ましいようです。

_ 楽曲の構成

構成はAパターンとBパターンが交互にくるようなループ系の方が

使い易いようです、もっとも使いづらいのはBメロで極端に曲の

イメージが変わるような構成です。

(あくまで引き立て役ですので、主役より目立たないのが重要です)

_ ノリが重視

リズムを打ち込む場合はクオンタイズでガチッとピッタリにするより

ある程度強弱やリズムに周期を付けてノリを出した方が聴いている人の

気持ちも曲のイメージにはいりやすくなります。

_ 最後に

音楽素材やBGM素材に必要な事は、映像のイメージを更に盛り上げて

伝えようと内容を理解して、その目的を達成する事です!


2013-11-18 ダブステップ (DubStep)

_ ダブステップの誕生

2000年代の前半(2005年~2006年)にヨーロッパ等のクラブシーンで誕生。

_ その特徴

非常に太い「シンセベース」が特徴的で、うねりや激しく小刻みに動く

ベースの「ウ-ワ~ワ~ワ~ワッ」という動きはフィルターを変化させる

事によって演奏する事が出来る。

ドラムは比較的ゆっくりめのブレイクビーツのながれから来るパターン

で3連符が多用されている、ベースの小刻みな動きも3連符が多用される。

ドラム(スネア)にはリバーブが掛かって広がりがある。


トップ 追記