DAWミキシング解説

DAWソフトを使った、ミックス から マスタリングまでを解説しています。
http://musicmaterial.jpn.org/
音楽素材 MusicMaterialDAWミキシング解説バス と グループチャンネル

バス と グループチャンネル

バス (BUS) とは複数のオーディオ トラックをまとめて、一つのトラックへ送る信号の流れの事です。 例えばドラムを(バスドラム、スネア、ハイハット)に分けていた場合に、一つのトラックにまとめる事で、 ドラムパート全体の音量やエフェクトの掛かり具合を、一つのフェーダーで調整することが出来ます。


CUBASEのグループチャンネル

CUBASE では、バスの機能は グループチャンネルを使用します。
プロジェクトメニューのトラックを追加からグループチャンネルを選択して グループチャンネルトラックを作成します。
一つにまとめたい オーディオ トラックのチャンネル設定のアウトプットを「StereoOut」から グループチャンネルトラックの名称に変更します。

CUBASEのグループチャンネル

自動遅延補正

バス(BUS)で一つにまとめられた信号はミキサーのアウトプットから グループチャンネルトラックのインプットに再び入力されます。
他のオーディオ トラックよりも多く経路をたどる事になるので、そのぶん少なからず時間のずれが発生します、しかしDAWには、そのズレを自動で補正してくれる機能がありますので気にする必要はありません。

自動遅延補正

バス (BUS) の使い方

バスの使い方としてあげられるのは ドラムパートです、各パート(バスドラム、スネア、ハイハットなど) の各音量を調整した後に、バス(グループチャンネルトラック)で一つにまとめると、 ドラムパート全体の音量をひとつのボリュームフェーダーで調整することが出来ます。 またエフェクトを個別にかけた後で、別のエフェクトを全体にかけるいった事も出来ます。



サイト内検索

音楽素材 ( 素材別 )

音楽関連 解説ページ

Facebook

  • MusicMaterialフェイスブックページ

Twitter

  • twitterへのリンク

Google+

  • google+へのリンク

HTML5

  • Valid XHTML 1.0 Transitional

W3C CSS

  • 正当なCSSです!

Copyright (C) MusicMaterial All Rights Reserved.