DAWミキシング解説

DAWソフトを使った、ミックス から マスタリングまでを解説しています。
http://musicmaterial.jpn.org/

インサート

DAWのミキサーには インサート・スロットがあります、 この事をインサート・ポイントともいいます。 インサート・スロットとは、オーディオ トラックからミキサーに送られた信号が最初に通過する場所で 主にプラグイン・エフェクトをインサートして使用します、CUBASEの場合は最大で8つあります。 インサート・エフェクト でエフェクト処理された信号が、オーディオ トラックに保存されたり元音を 変更したりする事は一切ありません。DAWは オーディオ トラックからミキサーに送られた信号を、リアルタイム処理し再生しています。 ある特定のチャンネルにだけ、エフェクトをかける時に使用するのが、インサートという機能です。


CUBASEのインサート・スロット

インサート機能は EQ やコンプレッサー等のエフェクト処理をする時に使用します、信号はインサートされたエフェクトを経由して同じチャンネルに戻ってきます。 Cubaseの場合は、最大8つの異なるエフェクトをインサート出来ます信号は1 から 8 の順に上から直列にエフェクトを通過します。

入力信号流れ図

入力信号の流れ

インサートエフェクトはオーディオ信号の流れの中に差し込まれます。 入力された信号はインサートエフェクト 1 から 6 までを順番に通過します、その後に Cubaseに備わっている EQ ( イコライザー ) を通過してから、次に ボリューム(フェーダー)を通った後に、インサート 7 から 8へと送られます。

インサートエフェクトの 7 と 8 は、ポストフェーダーで機能します。 Cubaseに備わった EQ ( イコライザー ) の変化にも影響されます。 このような ポストフェーダースロットには、変更に影響しない エフェクト の マキシマイザーディザリング 等 が適しています。 一般的にこれらの エフェクト は 出力バスのインサートに用いられます周波数解析ソフト ( アナライザー ) も、ここに インサート します。



サイト内検索

音楽素材 ( 素材別 )

音楽関連 解説ページ

Facebook

  • MusicMaterialフェイスブックページ

Twitter

  • twitterへのリンク

Google+

  • google+へのリンク

HTML5

  • Valid XHTML 1.0 Transitional

W3C CSS

  • 正当なCSSです!

Copyright (C) MusicMaterial All Rights Reserved.