Home作曲方法と心得コードB (T・D・SD)

コードB (T・D・SD)

前回はスケール上に出来る7種類のダイアトニックコードを解説しました。

ダイアトニックコードの中には、 (トニック、ドミナント、サブドミナント)の3種類の機能を持ったコードがあります。

トニック・コード

C、Em、Am をトニックコードといいます、トニックコードはそのスケールの中心となるコードです、コード進行の始めや終わりに使用する事が多いです。トニックコードで終わると次にどのスケールのコードに進行しても構いません。

ドミナント・コード

G7 をドミナントコードといいます、トニックに行きたがる性質がありますサブドミナント・コードに進行するよりトニックに進行する方が安定しています。

サブドミナント・コード

Dm、F、B をサブドミナントコードといいます、コード進行の雰囲気を変えるのに最適です、またDmはG7に進行しようとする性質があります。





ページトップへ

サブメニュー

MENU


Copyright (C) MusicMaterial All Rights Reserved.