Home作曲方法と心得コードA (ダイアトニックコード)

コードA (ダイアトニックコード)

スケール上には7種類のコードがあります。

この7種類のコードには、それぞれ特徴(機能)がありますが、3種類に分類されて (トニック、ドミナント、サブドミナント)言います。

L3 Ultramaximizer

スケールの中に存在する、7つのコード

例えば「Cメジャースケール」の中に出来る「ダイアトニックコード」は7種類あります、C、Dm、Em、F、G7、Am、Bm-5、以上ですが7番目の「Bm-5」はあまり使いません、またG7はGでも構いませんのでメジャー系(C、F、G)とマイナー系(Dm、Em、Am)の6種類のコードが使用可能です、これだけ使えば曲作りは可能です。

まずは良くあるコードパターンを分析してみましょう

コードパターンの定番である「T-Y-U-X」はCメジャースケールだと「C-Am-Dm-G7」になります。先ほどの6種類のコードだけで出来ています、GだけG7の7thコードにするのはG7からCに進行する事をドミナントモーションといい3和音より4和音の7thコードの方がより強く進行しようとする為です。

3和音より4和音

3和音だけよりも4和音(セブンスコード)を使った方がサウンドもお洒落で豪華になり、コード進行のパターンも増えてアレンジは良くなります、それでは3和音と4和音の違いは?3和音のコードに7度の音が増えただけです、セブンスコードにつきましては後日解説させて頂きます。





ページトップへ

サブメニュー

MENU


Copyright (C) MusicMaterial All Rights Reserved.